FaceBook

こんな時は耳鼻咽喉科へ

  • 耳の症状
  • お子様の治療について
  • 鼻とお顔の症状
  • 口・喉・首の症状
  • 花粉症でお困りの方へ
  • 水泳と耳・鼻
  • 提携駐車場のお知らせ
  • ドクターズファイルの取材を受けました
  • たちばな耳鼻咽喉科インターネット予約
  • お電話での診療予約受付はこちら 03-4570-0136
  • たちばな耳鼻咽喉科携帯サイト

耳の症状

耳の症状

耳が痛い

耳が痛い

耳の周りや耳の穴(外耳道の入り口)を押すと痛む場合は、まず外耳道炎が疑われます。特に、耳の掃除をした後に痛み出したという場合は、耳垢をとる時に外耳道を傷つけてしまい、それがもとで炎症が起こっていると考えられます。
一方、中耳炎にかかったことがあり、耳介の後ろにある骨をおすと痛みがある場合は、乳様突起炎を起こしている疑いがあります。

耳の奥が痛む場合は、外耳道や中耳の病気が考えられます。外耳道の病気では、外耳道炎による場合がほとんどです。中耳の病気では、お子様に多い急性中耳炎のほか、慢性中耳炎が急に悪化して、耳だれが増えてきた時にも、痛みが起こる場合があります


耳だれが出る

耳だれは、耳の孔から排出される分泌物の総称で、サラサラしたもの、粘り気のあるもの、膿の混じったもの、血の混じったものなどがあります。耳に痛みがあって、膿のような耳だれが出るのは、急性中耳炎や慢性中耳炎の急性増悪期です。
逆に、急性増悪期以外の慢性中耳炎の場合は、耳に痛みが無く、主に粘り気のある耳だれがでます。慢性中耳炎による耳だれは、持続的にでる場合もありますが、風邪をひいた時だけというように、断続的にでる場合もあります。

耳だれで、悪臭を伴う場合は、細菌の感染による中耳炎が考えられます。

耳からの出血

耳からの出血は、外耳道や中耳に原因があると考えられます。たとえば、鮮血がでる場合は、そのほとんどが外耳道の炎症(外耳道炎)や外傷によるものです。

出血の原因を診察により的確にすることが重要です。

耳がかゆい

慢性中耳炎で耳だれが持続的にでていると、外耳道の皮膚にかぶれ(外耳道湿疹)が起こってきます。このかぶれが、かゆみの原因になります。耳介に湿疹ができて、かゆみを起こすこともあります。特に、外耳道に湿疹ができるような人では、耳介にも湿疹ができやすい傾向があります。また、耳あかがたまった場合や、耳垢を取る時にも、かゆみを感じることがありますが、この場合別に異常ではありません。

耳が腫れる

耳介が腫れている場合は、耳介の皮膚の下に血がたまる耳介血腫が起こっていると考えられます。耳介血腫は、柔道やレスリングをしている人に起こりやすく、痛みはほとんどありません。また、痛みがあったとしても、ごく軽いものです。

耳介が腫れて、痛みや発赤を伴っている場合は、耳介軟骨膜炎が疑われます。耳介軟骨膜炎は、耳介の軟骨に、炎症が発生するため、かなり強い痛みがあります。

耳鳴りがする

耳鳴りは、音の聞こえる道筋のどこに障害があっても起こります。耳鳴りのほとんどは自覚的な症状ですが、耳から出る音が、他人にも聞こえる「他覚的耳鳴り」も、まれにですがあります。また、耳鳴りの中には、頭で音が鳴っていると感じたり、耳の外で鳴っていると感じるものもあります。

耳鳴りは、耳垢栓塞や中耳炎などからも起こりますが、最も多いのは内耳の障害によるものです。耳鳴りには色々な音がありますが、「キーン」という音や、「ピー」という音がする場合は、高音域が傷害されていると考えられ、内耳にその原因がある可能性が高いといえます。一方、「ブー」とか、「ボー」という音が聞こえる場合は、中耳炎や耳管の病気などの中耳の問題のほか、メニエール病の可能性もあります。

老人性難聴でも、耳鳴りを自覚することがあります。老人性難聴は、左右対称に傷害されるので、大概は両耳に耳鳴りが起こりますが、片側のみのこともあります。その他、聴神経腫瘍や脳の病気から、耳鳴りが発生することもあります。

「耳管開放症をご存じですか?」

耳管開放症とは?

耳管とは中耳と上咽頭(鼻の奥)をつなぐ長さ3cm程の管です。

通常閉じており、つばを飲んだり、あくびをしたときだけ開き、速やかに閉じます。

その耳管が開いたままの状態になるのが「耳管開放症」です。

耳管開放症の症状

耳がボーっとする、ふさがった感じがする。

自分の声が響く(自声強調)

前かがみになったり横になると症状が軽くなる。
耳管の粘膜が充血(うっ血)のために腫れて、一時的に耳管が閉じます。

耳管開放症の原因

急激な体重減少・体調不良・睡眠不足など

上記のような症状がある場合は、たちばな耳鼻咽喉科までお気軽にご相談願います。

ページトップへ

聞こえにくい・耳が詰まったような感じがする

聞こえにくい・耳が詰まったような感じがする

耳が詰まったような不快感があって、何となく音が聞きづらい、薄い膜を通して音を聞いているような聞こえにくさがあるといった訴えもよくあります。こうした症状を「耳閉塞感」といいますが、その原因の多くは、中耳や内耳にあります。

最も多いのが中耳の障害ですが、その代表的なものが、風邪に伴う中耳の内圧の変化です。風邪をひいて鼻が詰まると、耳管が塞がれて、中耳に空気が送られなくなります。そのため、中耳の内圧が低下し、鼓膜が中耳の方に引っ張られて、音がこもって聞こえるようになるのです。この場合は、鼻づまりが治れば、耳閉塞感も自然に改善していきます。そのほか、急性中耳炎の初期や滲出性中耳炎、耳管の病気などでも耳閉塞感が起こり、聞こえにくくなることがあります。
内耳の障害では、メニエール病などが耳閉塞感の原因になります。メニエール病の場合は、低音域の難聴と耳閉塞感が起こってきます。聴神経腫瘍の初期にも耳閉塞感が現れることがあります。

また、鼓膜に小さな孔が開いた場合にも、耳閉塞感が現れます。耳閉塞感は、難聴と密接な関係がありますが、日常会話とは関係のない低音域だけが傷害されている場合は、耳閉塞感だけが自覚され、難聴はなかなか自覚されません。しかし、耳閉塞感がある場合は、難聴の可能性も疑ってかかることが必要です。


耳が聞こえない

音は、外耳から中耳、内耳を経て、聴神経によって脳に伝えられます。この音の聞こえる道筋のどこに障害が起こっても、聞こえが悪くなる「難聴」が起こります。

たとえば、外耳道に耳垢たまってつまる耳垢栓塞でも難聴が引き起こされますし、鼓膜に孔があく鼓膜穿孔や、鼓膜炎などでも難聴が発生します。さらに、急性中耳炎や滲出性中耳炎といった中耳の傷害や、メニエール病、突発性難聴、内耳炎などの内耳の傷害による難聴もあります。聴神経腫瘍(脳の腫瘍)でも難聴が起こります。
ただし、難聴の原因が、耳のどこにあるかは、鼓膜の診察や、聴力検査などを行わなくてはわかりません。一方、聴力検査で異常が認められても、ほとんど難聴を感じない場合もあります。
日常の会話でよく使われる音は、周波数が250~3000Hzの範囲ですが、それより低い音域や高い音域に難聴がある場合は、なかなか難聴に気がつきません。また、程度が軽い場合も、難聴に気がつきにくくなります。特に片側の耳の難聴は気づきにくいものです。

老人性難聴の場合も、高音域から難聴が始まるので、初期の段階では、難聴に気がつきません。しかし、難聴が進んで、日常の会話に使われる音域にまで障害が及ぶと、難聴を自覚するようになってきます。

ページトップへ